電動車用暖房機構

2021年

2021年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

電動車は、電気ヒータによる暖房などの電気による冷暖房手段が必要となり、主に「PTCヒータ」や「ヒートポンプ」が搭載される。
本項では、HEV、EV、PHEV、FCV向けの「PTCヒータ」および「ヒートポンプ式エアコン」を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、電動車用暖房機構の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
デンソー××××
Hanon Systems(韓国)××××
Valeo(フランス)××××
Mahle Behr (Delphi)××××
鎮江東方電熱(Zhenjiang Dongfeng Heat)××××
山東銀輪熱交換系統(Shandong Yinlun Heat Exchange System)××××
上海欣帕熱敏陶瓷(Xinpa ceramics)××××
Eberspaecher catem××××
Woory Industrial××××
Webasto××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:千台、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、電動車用暖房機構の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
128.5 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
18.1 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2018-2030年)
16.5 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2021-2030年)
16.0 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2021年版 HEV、EV関連市場徹底分析調査」2021年5月28日刊

Mpac掲載:2022/2/28