完全人工光型植物工場(ユニット型)

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

完全人工光型植物工場は、断熱パネル等を用いて外気を遮断した密閉空間に冷暖房機や加湿機、CO2発生装置にLED等の人工光源、給液管理装置等とそれらをコントロールする環境制御装置を導入することで、植物に最適な生育環境を人工的に整備した栽培システムである。
本項では、輸送用コンテナや展示用ショーケース、ユニットハウス、プレハブ庫などの中に栽培プラントを設置した「ユニット型」を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、完全人工光型植物工場(ユニット型)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
エスペックミック××××
三菱ケミカルアグリドリーム××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、完全人工光型植物工場(ユニット型)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
102.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2025年)
- %
予測平均成長率
(2019-2025年)
2.7 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「先進テクノロジーが変える!! 農林水産ビジネスの最前線と将来展望 2019」2019年4月17日刊

Mpac掲載:2020/3/19