駐車場管理システム

2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

駐車場管理システムは、ゲート式、フラップ式、カメラ式の3種類がある。
ゲート式は、入退場口にゲートと精算機を設置するだけで運営が可能であり、最も簡便で低コストであることが受け、中大型平面駐車場及び立体駐車場の主流となっている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、駐車場管理システムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アマノ××××
日本信号××××
三菱プレシジョン××××
サニカ××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、駐車場管理システムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2025年)
- %
予測平均成長率
(2018-2025年)
3.3 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「自動車関連インフラシステム/パーキング&シェアサービスの市場予測 2019」2018年11月27日刊

Mpac掲載:2019/11/29