絶縁監視装置(低圧回路向け)

2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

絶縁監視装置は、配電盤等の受配電設備や生産設備の漏洩電流の有無を検知し、電気回路の絶縁状態を監視する装置である。
当該品は、零相変流器(ZCT)で漏洩電流を検知して絶縁状態を測定するI0方式、検知した漏洩電流から演算によりノイズ電流を除外し抵抗成分のみを検出するI0r方式、低周波電圧を回路に印加させて絶縁抵抗電流を測定するIgr方式に大別される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、絶縁監視装置(低圧回路向け)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ミドリ安全××××
NECマグナスコミュニケーションズ××××
オムロンソーシアルソリューションズ××××
光商工××××
三菱電機××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、絶縁監視装置(低圧回路向け)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-1.9 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
0.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
1.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査」2018年8月23日刊

Mpac掲載:2019/7/31