住宅用分電盤

2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

住宅用分電盤は、戸建住宅や集合住宅の専有部に設置され、家電製品や照明器具などへ電力を配分する専用の回路とそれらの電流値が過剰に上昇した際に電流を遮断するアンペアブレーカーや漏電遮断器などを集積した機器である。
本項は、戸建住宅や集合住宅のほかに小規模な工場や店舗、遊技機に設置される住宅用分電盤も含む。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、住宅用分電盤の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
パナソニック××××
河村電器産業××××
テンパール工業××××
日東工業××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、住宅用分電盤の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
100.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-0.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
0.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査」2018年8月23日刊

Mpac掲載:2019/7/31