見える化ツール(マルチ指示計器)

2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

見える化ツールとは、産業・業務向けEMSの構成機器となる計測機器やデータ収集機器である。
本項は、配電盤の電力、電流、電圧、力率等を計測し稼働状況の監視を行う目的で設置される指示電気計器に設置される複数項目の計測に対応した電子式タイプの「マルチ指示計器」を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、見える化ツール(マルチ指示計器)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
三菱電機××××
第一エレクトロニクス××××
ハカルプラス××××
横河電機××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、見える化ツール(マルチ指示計器)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.8 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査」2018年8月23日刊

Mpac掲載:2019/7/31