FEMS

2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

FEMS(Factory Energy Management System)は、産業施設・生産現場向けに特化したエネルギー管理システムである。
FEMSは、エネルギーデータの収集・管理に加え、生産設備の稼働状況や生産情報(生産数量、生産リードタイムなど)、生産現場の環境(温湿度等)を統合管理し、予兆監視・予防保全や生産原単位管理(生産効率の可視化)、生産環境・労働環境の維持管理といったシステムの構築に対応している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、FEMSの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
三菱電機××××
日立産機システム××××
アズビル××××
富士電機機器制御××××
オムロン××××
パナソニックデバイスSUNX××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、FEMSの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
101.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-3.5 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
1.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 エネルギーマネジメントシステム関連市場実態総調査」2018年8月23日刊

Mpac掲載:2019/7/31