警備保障業

2007年2010年2012年2014年2016年
2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

警備保障業は、警備業法による規制のもと、各都道府県の公安委員会から認定を受けて請負う警備業務に携わる企業である。
警備業務の種類は「施設警備(巡回)、空港保安、機械警備(住宅・住宅以外)」「交通誘導、雑踏警備」「貴重品運搬(現金輸送など)、核燃料物質等運搬」「身辺警備、緊急通報サービス」等である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、警備保障業の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
セコムグループ××××
綜合警備保障××××
日本通運××××
セントラル警備保障××××
イオンディライト××××
全日警××××
セノン××××
にしけい××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、警備保障業の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★★★★
前年比
(2018/2017年)
102.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
2.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2020年)
2.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2020年)
2.5 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済ネットワークス「2018年版 サービス産業要覧」2018年8月9日刊

Mpac掲載:2018/11/20