放送業

2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

放送業とは「公衆によって直接視聴される目的をもって、無線又は有線の電気通信設備により放送事業(放送の再送信を含む)を行う事業所」とされている(日本標準産業分類)。
本項では、日本放送協会(以下NHK)及び地上基幹放送事業者(テレビジョン放送単営社及び中波(AM)放送テレビジョン放送兼営社、ラジオ放送事業者、コミュニティ放送)、衛星放送系事業者(BS・CS放送等の衛星基幹放送及び衛星一般放送)、有線テレビジョン放送事業者(CATV)を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、放送業の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
日本放送協会××××
ジュピターテレコム××××
フジ・メディア・ホールディングス××××
日本テレビホールディングス××××
東京放送ホールディングス××××
テレビ朝日ホールディングス××××
テレビ東京ホールディングス××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、放送業の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★★★★
前年比
(2018/2017年)
101.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2020年)
1.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2020年)
1.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済ネットワークス「2018年版 サービス産業要覧」2018年8月9日刊

Mpac掲載:2018/11/20