細胞培養用添加剤・増殖因子

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

本項では、細胞培養用添加剤・増殖因子として、サプリメントとして使用されるインスリン、トランスフェリン、亜セレン酸ナトリウムなどのITS(Insulin-Transferrin-Selenite)、EGF(Epidermal Growth Factor:上皮細胞増殖因子)、FGF(Fibroblast Growth Factor:線維芽細胞増殖因子)、アクチビンA、TGF-β3(Transforming Growth Factor-β3:腫瘍細胞増殖因子-β3)、BMP-4(Bone morphogenetic protein-4:骨形成タンパク質4)を対象とする。
当該製品は細胞培養時に、脂質やアミノ酸、ビタミン、成長因子、グルコースなどを培地に添加することで細胞の増殖機能を高めるなどの効果がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、細胞培養用添加剤・増殖因子の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
富士フイルム和光純薬××××
メルク××××
サーモフィッシャーサイエンティフィック××××
フナコシ××××
コスモ・バイオ××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、細胞培養用添加剤・増殖因子の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
102.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
2.5 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2030年)
4.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2030年)
4.8 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2019」2019年10月25日刊

Mpac掲載:2020/9/18