液体クロマトグラフ質量分析装置

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

本項では原子、分子レベルの質量を測定し、医薬品の薬物動態研究や品質管理、食品や化学品の分析の際などに使用される液体クロマトグラフ質量分析装置(LC-MS)を対象とする。
当該製品は飛行時間型質量分析装置、四重極型質量分析装置がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、液体クロマトグラフ質量分析装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
エービー・サイエックス××××
日本ウォーターズ××××
サーモフィッシャーサイエンティフィック××××
島津製作所××××
ブルカージャパン××××
アジレント・テクノロジー××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、液体クロマトグラフ質量分析装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
99.3 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
1.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2030年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2030年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2019」2019年10月25日刊

Mpac掲載:2020/9/18