細胞培養センター(CPC)

2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

本項では、免疫細胞療法や再生医療、遺伝子治療など、細胞を利用した研究を行う際の細胞培養を行うために、必要な清浄度が保たれている専用のクリーンルームを保有している細胞培養センター(CPC)を対象とする。
CPCは規模や設備、範囲(建屋、空調設備、関連工事費など)、適正製造基準(GMP)の準拠状況などによって価格は大きく異なる。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、細胞培養センター(CPC)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
日本エアーテック××××
日立アプライアンス××××
日本医化器械製作所××××
PHC××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、細胞培養センター(CPC)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
93.5 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2030年)
0.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2030年)
-0.2 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2018」2018年9月10日刊

Mpac掲載:2019/7/31