三次元ヒト組織モデル

2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2030年)

本項では、民間企業が販売している正常ヒト細胞を原料にした三次元ヒト組織モデルを対象とする。
三次元ヒト組織モデルでは、皮膚モデルが一般的であり、ヒト表皮モデルや表皮と真皮を合わせたヒト皮膚全層モデルが上市されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、三次元ヒト組織モデルの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
倉敷紡績××××
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング××××
ニコダームリサーチ××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、三次元ヒト組織モデルの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
117.1 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
17.9 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2016-2030年)
8.7 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2030年)
6.3 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「ティッシュエンジニアリング関連市場の最新動向と将来性 2019」2019年10月25日刊

Mpac掲載:2020/9/18