滅菌管理トレーサビリティシステム

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

滅菌管理トレーサビリティシステムとは、手術室、中央材料室での感染防止対策を目的とした銅製器具や手術器材の滅菌状態、滅菌工程管理のチェックを行うシステムである。又、近年は手術の効率化を目的とした手術器材使用状況チェックを行う役割も担っている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、滅菌管理トレーサビリティシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
サクラシステムプランニング××××
ミズホ××××
三井情報××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、滅菌管理トレーサビリティシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
107.1 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
14.9 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20