手術支援ロボット(国内市場)

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

手術支援ロボットは、手術室に設置され、施術する医師の負担軽減や、内視鏡手術用支援機器として治療そのものを可能とするロボットシステムである。
本項は、腹腔鏡下の手術をロボット操作で行うことができる「da Vinci」の他に、医師の手ぶれや疲れ等の負担軽減を目的としたロボットや、執刀医自らが内視鏡を操作できる内視鏡ホルダーロボットも対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、手術支援ロボット(国内市場)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Intuitive Surgical××××
リバーフィールド××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、手術支援ロボット(国内市場)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
106.7 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
17.0 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20