超音波画像診断装置(医療用)

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

超音波画像診断装置は、プローブ(探触子)から超音波を体内に送り、反射した組織境界面のデータを画像化する装置である。
当該製品は、主に乳房、頸部、血管、心臓、肝臓や腎臓等の腹部等の診断に使用し、対象組織の断層像をリアルタイムで観察が可能である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、超音波画像診断装置(医療用)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
日立製作所××××
GEヘルスケア・ジャパン××××
キヤノンメディカルシステムズ××××
シーメンスヘルスケア××××
フィリップス・ジャパン××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、超音波画像診断装置(医療用)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
101.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
0.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20