SPECT/PET装置

2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

本項では、核医学検査装置として体内に投与した放射性薬剤から放出されるガンマ線を検出し、その分布を機能画像として出力するSPECT(Single Photon Emission Computed Tomography:単一光子放射断層撮影)装置、及び陽電子放出する放射性同位元素で標識された放射性薬剤を体内に投与し放射能の体内分布を検出しその分布を機能画像として出力するPET(Positron Emission Tomography:陽電子放射断層撮影)装置を対象とする。又、SPECT/PET単体製品の他、SPECT/PET装置やマルチスライスCT装置を一体化したSPECT-CT/PET-CT装置も含む。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、SPECT/PET装置の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
GEヘルスケア・ジャパン××××
シーメンスヘルスケア××××
フィリップス・ジャパン××××
キヤノンメディカルシステムズ××××
島津製作所××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、SPECT/PET装置の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
107.8 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
-1.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20