遠隔画像診断サービス

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

遠隔画像診断サービスは、放射線診断の専門医による遠隔読影及び画像診断を行う為の診断支援サービスである。提供形態にはオンプレミス型とクラウド型とあるが、いずれも対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、遠隔画像診断サービスの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ドクターネット××××
セコム医療システム××××
ネット・メディカルセンター××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、遠隔画像診断サービスの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
108.2 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
10.2 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20