臨床検査情報システム

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

臨床検査情報システムはLIS(Laboratory Information System)とも呼ばれ、検体の受付や検査の実施、結果の報告、精度の管理、各種の統計処理等を行うシステムである。
当該製品は大病院が主な需要先であるが、国内では既に全病院に導入されており、リプレース需要が中心である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、臨床検査情報システムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
エイアンドティー××××
シスメックスCNA××××
富士通××××
日立製作所××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、臨床検査情報システムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
101.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
0.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20