電子カルテシステム

2016年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

本項では診療経過観察を電子データにて編集/管理を行う統合型システムの電子カルテシステムを対象とし、単独の医事会計システム(レセプトシステム)や歯科向けの電子カルテは対象外とする。
当該システムはオンプレミス型とクラウド型に加え、地域医療連携システムやHIS(病院情報システム)、レセプトコンピューター、PACS/RIS等、多様なシステムと連携する。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、電子カルテシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
富士通××××
日本電気××××
ソフトウェア・サービス××××
PHC××××
シーエスアイ××××
ビー・エム・エル××××
亀田医療情報××××
日立ヘルスケアシステムズ××××
キヤノンメディカルシステムズ××××
セコム医療システム××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、電子カルテシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
104.3 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「メディカルソリューション市場調査総覧 2018」2018年7月6日刊

Mpac掲載:2019/6/20