フッ素系イオン交換膜

2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

イオン交換膜は、素材別に炭化水素系とフッ素系に分類される。本項では、食塩電解および燃料電池に使用されるフッ素系のイオン交換膜を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、フッ素系イオン交換膜の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
旭化成××××
Chemours(米国)××××
W. L. Gore & Associates(米国)××××
AGC××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、フッ素系イオン交換膜の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
100.0 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
5.4 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
7.8 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2018」2018年8月7日刊

Mpac掲載:2019/7/31