水処理膜(RO/NF膜)

2018年│2020年

2020年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項ではRO膜(Reverse Osmosis:逆浸透膜)、NF膜(Nanofiltration:ナノろ過膜)のモジュールを対象とする。
当該市場は、中東地域における大型海水淡水化プロジェクトの案件が急増し、特に海水淡水化向けRO膜は、近年市場が急拡大している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、水処理膜(RO/NF膜)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
DuPont (米国)××××
東レ××××
日東電工/Hydranautics××××
時代沃頓科技(Vontron)××××
東洋紡××××
LG Chem××××
Lanxess××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、水処理膜(RO/NF膜)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
92.2 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
0.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2025年)
2.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2025年)
4.6 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「高機能分離膜/フィルター関連技術・市場の全貌と将来予測 2020」2020年12月4日刊

Mpac掲載:2021/11/19