架橋型オレフィン系エラストマー(TPV)

2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

動的架橋型熱可塑性エラストマー(Thermoplastic Vulcanizates、TPV)はハードセグメントである熱可塑性樹脂中に架橋ゴム粒子がソフトセグメントとして細かく分散した海島構造を特徴とする多相系高分子材料である。
一般的にTPVにはスチレン系等の他のエラストマーも含まれるが、本項では架橋型オレフィン系エラストマーのみを対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、架橋型オレフィン系エラストマー(TPV)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ExxonMobil Chemical (米国)××××
三井化学××××
Teknor Apex (米国)××××
リケンテクノス××××
三菱ケミカル××××
住友化学××××
Shandog Dawn Polymer Material (中国)××××
JSR××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:トン、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、架橋型オレフィン系エラストマー(TPV)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
107.3 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
5.0 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望」2018年7月12日刊

Mpac掲載:2019/7/31