スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー(SIS)

2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年
2017年××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー(SIS)は、両末端のハードセグメントがポリスチレン、中間のソフトセグメントがイソプレンの共重合体構造を有するスチレン系エラストマー(TPS)である。
SISは、最も天然ゴムに近い応力歪みであり、高強度でかつ破断伸びに優れている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー(SIS)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Kraton (米国)××××
日本ゼオン××××
TSRC (台湾)××××
Baling Petrochemical (中国)××××
LCY Chemical (台湾)××××
Versalis (イタリア)××××
JSR××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:トン、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、スチレン・イソプレン・スチレンブロックコポリマー(SIS)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
104.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2023年)
- %
予測平均成長率
(2018-2023年)
2.9 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2018年 高機能エラストマー・応用製品市場の展望」2018年7月12日刊

Mpac掲載:2019/7/31