RFIDインレット

2021年

2021年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2018年××
2019年××××
2020年××××
2021年(見)××××
2022年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

RFID(Radio Frequency Identification)は、電磁波や電波などを用いた近距離無線通信による自動認識技術である。製品の物流・在庫管理、販売店での人員削減に貢献するセルフレジ、製造現場での資材・備品管理などに利用されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、RFIDインレットの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Avery Dennison××××
Arizon RFID××××
その他××××
合計××100

2021年 見込 (単位:百万枚、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、RFIDインレットの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2021年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2021/2020年)
127.7 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2018-2021年)
13.4 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2018-2025年)
9.5 % ★★★★★★★☆☆☆
予測平均成長率
(2021-2025年)
6.7 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2022年 エレクトロニクス先端材料の現状と将来展望」2022年1月25日刊

Mpac掲載:2022/12/20