シュリンクフィルム

2009年│2011年2014年2019年

2009年 ××億円(国内市場+輸出)

市場規模の推移


販売金額前年比
2006年××
2007年××××
2008年××××
2009年(見)××××
2010年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

シュリンクフィルムはPE、PP、多層PO系を対象とする。
PEはL-LDPE原料のフィルムで、熱収縮性を付与し、1軸延伸はスリーブ包装に、2軸延伸はピロー包装や四方シール包装に使用される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、シュリンクフィルムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
大倉工業××××
興人××××
積水フィルム××××
東洋平成ポリマー××××
シールドエアージャパン××××
昭和パックス××××
瀧川化学工業××××
その他××××
合計××100

2008年 (単位:トン、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、シュリンクフィルムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2009年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2009/2008年)
101.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2006-2009年)
3.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2006-2012年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2009-2012年)
1.1 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2009年 パッケージングマテリアルの現状と将来展望」2009年7月15日刊

Mpac掲載:2010/7/15