ONY系共押出フィルム

2006年2008年2013年2015年2016年
2018年

2018年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

ONY共押出フィルムは、PAフィルムとガスバリア性を保有するMXD6、EVOHなどのベースフィルムを共押出することで製造され、耐ピンホール性、耐衝撃性、耐屈曲性、耐摩耗性等に優れている。
当該製品は食品包装向けが大部分を占め、食品の軟包装化や賞味期限延長などのニーズに対して、底堅い市場を形成している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ONY系共押出フィルムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
三菱ケミカル××××
グンゼ××××
東洋紡××××
ユニチカ××××
興人フィルム&ケミカルズ××××
合計××100

2018年 見込 (単位:トン、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ONY系共押出フィルムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
102.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
1.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2022年)
2.1 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2022年)
2.2 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2019年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 (下巻) <ライフ・インダストリーフィルム編>」2019年1月29日刊

Mpac掲載:2019/12/20