プロテクトフィルム

2006年2007年2008年2009年2011年
2012年2013年2014年2015年2016年
2018年│2020年

2020年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2024年)

本項では、FPDやタッチパネル向けに使用される、光学用プロテクトフィルムを対象とする。
光学用プロテクトフィルムは、偏光板やプリズムシート、導光板等の各部材の搬送・保管時の表面保護や、汚染・帯電防止を目的に使用される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、プロテクトフィルムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
東レフィルム加工××××
藤森工業××××
Tredegar Film Products(米国)××××
LG Chem(韓国)××××
Yusang(韓国)××××
積水化学工業××××
日東電工××××
サンエー化研××××
スミロン××××
昭和電工マテリアルズ××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:千m2、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、プロテクトフィルムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
100.7 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2024年)
0.4 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2024年)
0.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2021年版 機能性高分子フィルムの現状と将来展望 <エレクトロニクスフィルム編>」2021年1月28日刊

Mpac掲載:2021/12/20