集合住宅向け宅配ボックス

2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

本項では、分譲マンションや賃貸アパート向けなどの集合住宅向け宅配ボックスを対象とする。
分譲マンション向け宅配ボックスは一般に電子制御式であり、IoT機能を持つなど高付加価値化されているケースが多く、定期的なメンテナンスや15年毎の取り換えが推奨されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、集合住宅向け宅配ボックスの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ナスタ××××
パナソニック××××
フルタイムシステム××××
Yper××××
日本宅配システム××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:棟、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、集合住宅向け宅配ボックスの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
149.1 % ★★★★★★★★★☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
62.0 % ★★★★★★★★★★
長期平均成長率
(2015-2025年)
21.5 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
7.4 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士経済「2019年版 住設建材マーケティング便覧」2019年4月11日刊

Mpac掲載:2020/3/19