金属系サイディング材

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場、年度ベース)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年××
2016年××××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

金属サイディング材は、表面に塗装ガルバリウム鋼板や溶融亜鉛めっき鋼板などの金属板を主体とし、断熱材によって裏打ちされた外装材である。
当該製品は、窯業系サイディング材より価格は高いが、非常に軽量で、既存壁の重ね張りが可能である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、金属系サイディング材の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
アイジー工業××××
ニチハ××××
旭トステム外装××××
ケイミュー××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:千m2、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、金属系サイディング材の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
108.8 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
2.4 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2015-2025年)
0.3 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2018-2025年)
-0.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2019年版 住設建材マーケティング便覧」2019年4月11日刊

Mpac掲載:2020/3/19