住宅用太陽光発電システム

2006年2008年2009年2010年2011年
2012年│2013年│2014年2015年2016年
2017年

2013年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2010年××
2011年××××
2012年××××
2013年(見)××××
2014年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2016年)

太陽光発電システムには、据置型(屋根の上に載せる太陽光発電システム)と屋根材一体型(屋根材と一体になった太陽光発電システム)があり、双方を対象とする。
2009年は、補助金制度復活や余剰電力固定買取制度で、市場は急激に拡大した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、住宅用太陽光発電システムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
シャープ××××
パナソニック××××
京セラ××××
ソーラーフロンティア××××
カネカ××××
その他××××
合計××100

2012年 (単位:件、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、住宅用太陽光発電システムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2013年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2013/2012年)
113.4 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2010-2013年)
15.0 % ★★★★★★★★☆☆
長期平均成長率
(2010-2016年)
13.1 % ★★★★★★★★☆☆
予測平均成長率
(2013-2016年)
11.2 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2013年版 住設建材マーケティング便覧」2013年3月18日刊

Mpac掲載:2013/9/18