電子制御サスペンションシステム

2007年2008年2010年2012年│2014年

2014年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年
2012年××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

電子制御サスペンションシステムは、自動車の荷重状態や走行状況に応じて、車高/バネ定数/アブソーバ-の減衰力などを電気的に制御することで、高速走行安定性と乗り心地を向上させるシステムである。
当該システムは欧州市場が先行しており、高価格ゆえ高級車への搭載に限定される傾向が強かったが、セミアクティブサスペンションの小型化と低価格化の進展により徐々に中/小型車への採用拡大が見られ、北米や中国などで今後の需要増加が期待される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、電子制御サスペンションシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ZF(ドイツ)××××
Tenneco(米国)××××
ThyssenKrupp(ドイツ)××××
KYB××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:千セット、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、電子制御サスペンションシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
101.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
- %
長期平均成長率
(2011-2020年)
- %
予測平均成長率
(2014-2020年)
0.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2014 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧」2014年8月6日刊

Mpac掲載:2015/2/20