タイヤ空気圧警報システム

2007年2008年2010年2012年│2014年
2016年2017年2018年2019年2020年

2014年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2011年
2012年××
2013年××××
2014年(見)××××
2015年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2020年)

タイヤ空気圧警報システム(Tire Pressure Monitoring System:TPMS)は、走行中のタイヤのパンクを検知し、重大事故を防止するためのシステムである。タイヤに直接取り付けられたセンサーで、タイヤの圧力・温度を直接測定する直接式のシステムと、車輪側の変化から空気圧の変化を検知する間接式のシステムがあり、本稿では、純正装着向けの直接式システムを対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、タイヤ空気圧警報システムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
Schrader Electronics(アイルランド)××××
Continental(ドイツ)××××
太平洋工業××××
Huf Electronics(ドイツ)××××
TRW××××
その他××××
合計××100

2014年 見込 (単位:千システム、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、タイヤ空気圧警報システムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2014年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2014/2013年)
104.2 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2011-2014年)
- %
長期平均成長率
(2011-2020年)
- %
予測平均成長率
(2014-2020年)
7.2 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2014 ワールドワイド自動車部品マーケティング便覧」2014年8月6日刊

Mpac掲載:2015/2/20