ドアトリム

2004年

2004年 ××億円(ライン純正+市販輸出・補修)

市場規模の推移


販売金額前年比
2001年
2002年××
2003年××××
2004年(見)××××
2005年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2008年)

ドアの内装(内張り)であり、基材+クッション材+表皮材から構成されており、モデルや仕様によって加工方法や採用される材料が異なっている。フラットリムの加工方法は、ビス・クリップ等を使用しないリサイクルに対応した構造を、低コストでできる高周波溶着や当該製品の表皮巻き込みに熱風溶着の技術を応用することで、接着剤を使用しない環境にやさしい工法も開発されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ドアトリムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
河西工業××××
タカニチ××××
アラコ××××
テイ・エステック××××
水菱プラスチック××××
その他××××
合計××100

2003年 (単位:千台分、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ドアトリムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2004年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2004/2003年)
100.6 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2001-2004年)
- %
長期平均成長率
(2001-2008年)
- %
予測平均成長率
(2004-2008年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2004 自動車部品マーケティング便覧」2004年4月21日刊

Mpac掲載:2008/9/15