ラジエータグリル

2004年

2004年 ××億円(ライン純正+市販輸出・補修)

市場規模の推移


販売金額前年比
2001年
2002年××
2003年××××
2004年(見)××××
2005年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2008年)

ラジエータグリルは、エンジンルームへの空気流入量を考慮することを目的に設計されており、自動車のフロントファイスの一部としてデザイン面からも重要な部品に位置付けられている。特に、最近では完成車メーカーによりフロントファイスの統一デザイン化が進み、メッキ(クロム・ダーク・半光沢メッキ、部分メッキ)等の二次加工による質感や光沢度を増すため、表面処理が重要になってきており、PPやPCからABSに移行している。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ラジエータグリルの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
豊田合成××××
橋本フォーミング工業××××
森六××××
サカエ理研工業××××
カルソニックカンセイ××××
ジーピーダイキョー××××
その他××××
合計××100

2003年 (単位:千個、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ラジエータグリルの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2004年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2004/2003年)
99.8 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2001-2004年)
- %
長期平均成長率
(2001-2008年)
- %
予測平均成長率
(2004-2008年)
-0.2 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2004 自動車部品マーケティング便覧」2004年4月21日刊

Mpac掲載:2008/9/15