車載用白色LED

2007年│2008年

2008年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年
2006年
2007年××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2013年)

車載用白色LEDは、電気を流すと半導体が発光する仕組みを持ち、白熱灯と異なりフィラメント切れによる消灯がないメリットがある。
本稿ではLEDチップを2つ以上封入した自動車用のLEDパッケージ製品を数値として捉えた。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、車載用白色LEDの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
OSRAM Opto Semiconductors(ドイツ)××××
日亜化学工業××××
Philips Lumileds Lighting(米国)××××
スタンレー電気××××
その他××××
合計××100

2007年 (単位:千個、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、車載用白色LEDの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2008/2007年)
115.0 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
- %
長期平均成長率
(2005-2013年)
- %
予測平均成長率
(2008-2013年)
5.5 % ★★★★★★★☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2008 自動車部品マーケティング便覧」2008年8月29日刊

Mpac掲載:2009/9/15