アルミ電解コンデンサー(車載用途)

2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年
2017年
2018年××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2026年)

本項では、高純度なアルミニウムの表面を化学的に粗面化し、電気分解によって陽極側の表面に誘電体となる薄い酸化皮膜を形成したアルミ電解コンデンサーとハイブリッドコンデンサーを対象とする。
当該製品は、電極表面に微細な凹凸を付けることで表面積を多く確保し、酸化皮膜を薄くすることで、静電容量の大きいコンデンサーを製造しやすい。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、アルミ電解コンデンサー(車載用途)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
日本ケミコン××××
パナソニック××××
ニチコン××××
ルビコン××××
エルナー××××
サン電子工業××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万個、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、アルミ電解コンデンサー(車載用途)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
101.2 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
- %
長期平均成長率
(2016-2026年)
- %
予測平均成長率
(2019-2026年)
4.8 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「車載電装デバイス&コンポーネンツ総調査 2020 (下巻) 」2020年2月20日刊

Mpac掲載:2021/1/20