ショックアブソーバ

2006年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年
2004年
2005年××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

ショックアブソーバは、スプリングと組み合せてサスペンションの衝撃吸収を行う部品である。ショックアブソーバの減衰特性の調節はスイッチによる機械的な制御を行う方式の他、ECU とアクチュエータやコンプレッサなどを用いて圧力を連続的に電子制御する方式が増えている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ショックアブソーバの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
KYB××××
日立製作所(グループ)××××
ショーワ××××
テネコ××××
その他××××
合計××100

2005年 (単位:千本、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ショックアブソーバの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
99.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
- %
長期平均成長率
(2003-2011年)
- %
予測平均成長率
(2006-2011年)
-1.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2006 自動車部品マーケティング便覧」2006年5月31日刊

Mpac掲載:2008/9/15