DC-DCコンバータ(ハイブリッドシステム用)

2007年│2008年2010年2012年2014年
2016年2017年2018年2019年2020年

2007年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2004年
2005年
2006年××
2007年(見)××××
2008年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2012年)

ハイブリッド自動車における動力源用主電池の高電圧(144Vと288V)を低電圧に変換し、ライトやワイパーなどの電装系や補機電池(12V)に電源を供給する降圧用製品を対象とする。DC-DCコンバータは、エンジンルーム内で使用する水冷タイプと、車室内で冷却できる空冷タイプの2種類がある。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、DC-DCコンバータ(ハイブリッドシステム用)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
豊田自動織機××××
デンソー××××
TDK××××
新電元工業××××
合計××100

2006年 (単位:千個、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、DC-DCコンバータ(ハイブリッドシステム用)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2007年)
××億円 ★★★☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2007/2006年)
112.1 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2004-2007年)
- %
長期平均成長率
(2004-2012年)
- %
予測平均成長率
(2007-2012年)
30.8 % ★★★★★★★★★☆


出典:富士キメラ総研「2007 自動車部品マーケティング便覧」2007年5月31日刊

Mpac掲載:2008/9/15