DPF(ディーゼル微粒子除去装置)

2006年

2006年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年
2004年
2005年××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

DPF(Diesel Particulate Filter)はディーゼル車から排出される粒子状物質(PM)を低減し、基本的にはフィルタによってPMを除去、再生する装置である。PMは大気中に長く浮遊する物質の総称であるが、PMのうちSPMと呼ばれる浮遊粒子状物質は10μ以下の大きさで、健康被害が懸念される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、DPF(ディーゼル微粒子除去装置)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
アペクセラ××××
エンゲルハード××××
ユニキャット××××
エヌ・イー ケムキャット××××
その他××××
合計××100

2005年 (単位:千台、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、DPF(ディーゼル微粒子除去装置)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
104.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
- %
長期平均成長率
(2003-2011年)
- %
予測平均成長率
(2006-2011年)
16.2 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「2006 自動車部品マーケティング便覧」2006年5月31日刊

Mpac掲載:2008/9/15