クランクシャフト

2004年

2004年 ××億円(ライン純正)

市場規模の推移


販売金額前年比
2001年
2002年××
2003年××××
2004年(見)××××
2005年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2008年)

エンジンの主となる運動機構部品であり、エンジンの中心で高速回転する。ピストンが受けた爆発力を、コネクティングロッド(コンロッド)を介して回転運動に変換し、回転力として出力する役割を持つ。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、クランクシャフトの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
愛知製鋼××××
住友金属工業××××
トヨタ自動車××××
日産自動車××××
角田鉄工所××××
その他××××
合計××100

2003年 (単位:千本、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、クランクシャフトの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2004年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2004/2003年)
99.5 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2001-2004年)
- %
長期平均成長率
(2001-2008年)
- %
予測平均成長率
(2004-2008年)
-0.1 % ★★★★☆☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2004 自動車部品マーケティング便覧」2004年4月21日刊

Mpac掲載:2008/9/15