車載カメラシステム

2007年2008年│2011年

2011年 ××億円(国内販売+輸出)

市場規模の推移


販売金額前年比
2008年
2009年××
2010年××××
2011年(見)××××
2012年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2014年)

車載カメラには、CCD(シーシーディー)カメラ、CMOS(シーモス)カメラ、暗視(赤外線)カメラがある。
なお、本稿ではCCDカメラとCMOSカメラを対象とし、車両の範囲は普通乗用車から商用車までを含む。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、車載カメラシステムの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高シェア
パナソニック××××
富士通テン××××
クラリオン××××
その他××××
合計××100

2010年 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、車載カメラシステムの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2011年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2011/2010年)
106.5 % ★★★★★★★☆☆☆
3年平均成長率
(2008-2011年)
- %
長期平均成長率
(2008-2014年)
- %
予測平均成長率
(2011-2014年)
14.3 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2011 画像処理システム市場の現状と将来展望」2011年5月9日刊

Mpac掲載:2012/5/15