フラッパーゲート

2020年

2020年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2017年××
2018年××××
2019年××××
2020年(見)××××
2021年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2023年)

フラッパーゲートは、共連れ検出装置の一種に分類される。非接触カードや生体認証を活用することで、入退場することを許可された人物を特定した上で、許可されていない人物が同時に出入りする共連れを防止するためのセキュリティゲートである。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、フラッパーゲートの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
クマヒラ××××
日本信号××××
高見沢サイバネティックス××××
その他××××
合計××100

2020年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、フラッパーゲートの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2020年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2020/2019年)
95.8 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2017-2020年)
-2.5 % ★★★☆☆☆☆☆☆☆
長期平均成長率
(2017-2023年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆
予測平均成長率
(2020-2023年)
3.6 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2020 セキュリティ関連市場の将来展望」2020年11月13日刊

Mpac掲載:2021/10/20