登下校見守りサービス

2016年2017年│2018年

2018年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2021年)

登下校見守りサービスは、児童が学校や学習塾等に登下校する際に、学校の校門や鉄道駅等の特定箇所の通過情報を検知し、保護者に電子メール等で通知するものである。検知の方式により、1.Suica、PASMO、PiTaPa等のIC乗車券を利用して駅改札の通過時に通知を行うパッシブ型、2.児童がICタグや小型端末を携帯し、校門等の特定箇所を通過すると通知されるアクティブ型に大別される。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、登下校見守りサービスの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ミマモルメ××××
東急セキュリティ××××
アイテック阪急阪神××××
小田急電鉄××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、登下校見守りサービスの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
113.1 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2021年)
- %
予測平均成長率
(2018-2021年)
10.4 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士経済「2018 セキュリティ関連市場の将来展望」2018年10月9日刊

Mpac掲載:2019/9/20