ホームセキュリティサービス(インフラ系)

2016年2017年2018年│2019年

2019年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

ホームセキュリティサービスは、侵入センサや緊急ボタン等で不審者による住宅への侵入や、異常を検知するとベンダの管制センター等に自動通知され、通知を受けた警備員が現場に駆け付けるサービスである。業態としては、大手警備会社を中心とした警備会社系、電力会社やガス会社の系列会社が主体となるインフラ系に大別され、本項ではインフラ系を対象とする。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、ホームセキュリティサービス(インフラ系)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
大阪ガスセキュリティサービス××××
関電セキュリティ・オブ・ソサイエティ××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、ホームセキュリティサービス(インフラ系)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
前年比
(2019/2018年)
102.5 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
3.7 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2022年)
3.6 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2022年)
3.6 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「2019 セキュリティ関連市場の将来展望」2019年10月29日刊

Mpac掲載:2020/9/18