UIMカード/eSIM

2007年2008年2009年2010年2011年
2012年2014年2016年│2017年

2017年 ××億円(国内市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2014年
2015年
2016年××
2017年(見)××××
2018年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

本項は、MVNOを含む携帯電話端末で利用されるUIM(User Identity Module)カードと車載器やスマートメーター等のデバイスに組み込まれてるeSIM(Embedded Subscriber Identity Module)を対象とした。
2016年は、総務省が「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン」を定めたことにより、キャッシュバック等のサービスが実質廃止され、携帯電話キャリア経由での端末購入、MNP等の移行が減少した。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、UIMカード/eSIMの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ジェムアルト××××
大日本印刷××××
G&D××××
合計××100

2017年 見込 (単位:千枚、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、UIMカード/eSIMの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2017年)
××億円 ★★★★☆☆☆☆☆☆
前年比
(2017/2016年)
100.9 % ★★★★★☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2014-2017年)
- %
長期平均成長率
(2014-2022年)
- %
予測平均成長率
(2017-2022年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「次世代カード/スマートペイメント関連ビジネス市場調査要覧 2018」2017年12月18日刊

Mpac掲載:2018/11/20