転がり軸受

2006年2007年2009年2010年2013年
2015年2018年│2019年

2019年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2016年××
2017年××××
2018年××××
2019年(見)××××
2020年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2025年)

軸受(ベアリング)とは、回転や往復運動を行う部材同士に接して荷重を受けつつ、内輪にて軸等を支持する部品であり、軸を正確かつ滑らかに回転させる為に使用される。
転がり軸受は、内輪と外輪の間に玉、又はころを入れて転がり接触するものである。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、転がり軸受の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
ミネベアミツミ××××
日本精工××××
Ningbo Zhenhai Silver-Ball Bearing××××
C&U××××
CW Bearing××××
Schaeffler××××
SKF××××
Ningbo WT Bearing××××
ジェイテクト××××
Wuxi Haifeng Hailin Precision Bearing××××
その他××××
合計××100

2019年 見込 (単位:千個、%)

【Mpac一括契約のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、転がり軸受の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2019年)
××億円 ★★★★★★★★☆☆
前年比
(2019/2018年)
98.6 % ★★★★☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2016-2019年)
3.0 % ★★★★★★☆☆☆☆
長期平均成長率
(2016-2025年)
2.7 % ★★★★★★☆☆☆☆
予測平均成長率
(2019-2025年)
2.6 % ★★★★★★☆☆☆☆


出典:富士経済「精密小型モータ市場実態総調査 2019」2019年9月24日刊

Mpac掲載:2020/12/18