二酸化マンガンリチウム電池(コイン)

2007年2008年2009年2010年2011年
2013年2014年2016年2017年│2018年

2018年 ××億円((国内+海外)生産)

市場規模の推移


販売金額前年比
2015年
2016年××
2017年××××
2018年(見)××××
2019年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2022年)

二酸化マンガンリチウム電池(CR)は、正極に二酸化マンガン、負極にリチウム、電解液にアルカリ金属水酸化物(有機電解液)を使用し、公称電圧は3Vである。
高エネルギー密度、小型軽量、耐環境性、低い自己放電率等の特徴によって、小電力仕様の小型電子機器の主電源やマイコンのメモリバックアップ用等に採用されている。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、二酸化マンガンリチウム電池(コイン)の定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
パナソニック××××
マクセル××××
GP Batteries(シンガポール)××××
東北村田製作所××××
力佳電源(中国)××××
Renata(スイス)××××
武漢力興電源××××
Smart Zone Technology(香港)××××
Energizer(former Spectrum Brands)(米国)××××
その他××××
合計××100

2018年 見込 (単位:百万円、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、二酸化マンガンリチウム電池(コイン)の市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2018年)
××億円 ★★★★★★☆☆☆☆
前年比
(2018/2017年)
103.9 % ★★★★★★☆☆☆☆
3年平均成長率
(2015-2018年)
- %
長期平均成長率
(2015-2022年)
- %
予測平均成長率
(2018-2022年)
1.8 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士経済「2018 電池関連市場実態総調査 No.2」2018年11月8日刊

Mpac掲載:2019/10/18