光アンプモジュール

2006年

2006年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2003年
2004年××
2005年××××
2006年(見)××××
2007年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2011年)

光アンプ(光増幅器)は、光ファイバ通信システムの長距離伝送システムや多分岐の分配システムにおいて、減衰した光信号を電気信号に変換せず、直接光信号を増幅する装置である。広帯域で高速及び複数の波長を一括増幅することが可能である。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、光アンプモジュールの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
JDS Uniphase(米国)××××
Bookham Technologies(イギリス)××××
AVANEX2(米国)××××
古河電気工業××××
その他××××
合計××100

2006年 見込 (単位:千個、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、光アンプモジュールの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2006年)
××億円 ★★★★★☆☆☆☆☆
前年比
(2006/2005年)
123.1 % ★★★★★★★★☆☆
3年平均成長率
(2003-2006年)
- %
長期平均成長率
(2003-2011年)
- %
予測平均成長率
(2006-2011年)
15.8 % ★★★★★★★★☆☆


出典:富士キメラ総研「2007 有望電子部品材料調査総覧(下巻)」2007年2月7日刊

Mpac掲載:2008/9/15