単結晶シリコンウェハ

2006年│2008年

2008年 ××億円(世界市場)

市場規模の推移


販売金額前年比
2005年
2006年××
2007年××××
2008年(見)××××
2009年(予)××××

(単位:百万円、%)

将来予測 ××億円(2013年)

単結晶シリコンは、シリコン(Si)原子の結晶方位が一定化し規則正しく整列している素材の製品である。
単結晶シリコンウェハは、Si純度99.999999…(イレブンナイン)の単結晶珪素(シリカ)を薄くきり、表面を磨いて集積回路の土台となる板を指す。



こちらはサンプルです。コメントの一部を表示しています。
有料版は、単結晶シリコンウェハの定義・市場規模についてのコメントを表示しています。

メーカーシェア


企業名販売高 見込シェア
信越半導体××××
SUMCO××××
シルトロニック・ジャパン××××
MEMC(米国)××××
コバレントマテリアル××××
その他××××
合計××100

2008年 見込 (単位:千枚、%)

【Mpac書籍版のご案内】
Mpac書籍版が発刊いたしました

今後の市場動向





こちらはサンプルです。
有料版は、単結晶シリコンウェハの市場動向についてのコメントを表示しています。

指標 評価基準について

指標項目 指標値 評価
市場規模
(2008年)
××億円 ★★★★★★★★★☆
前年比
(2008/2007年)
93.4 % ★★☆☆☆☆☆☆☆☆
3年平均成長率
(2005-2008年)
- %
長期平均成長率
(2005-2013年)
- %
予測平均成長率
(2008-2013年)
0.5 % ★★★★★☆☆☆☆☆


出典:富士キメラ総研「2009 有望電子部品材料調査総覧 (下巻)」2009年1月20日刊

Mpac掲載:2010/3/15